五島移住エンジニアの日々

2024年夏、五島に移住します!移住に関する情報や、エンジニアとしてのアウトプットなど中心に書いていきます!

【自己紹介】五島移住予定のエンジニアです!

ご挨拶

初めまして!とやまどりと申します。

ブログを始めようと思ったきっかけ

ブログのタイトルにもある通り、今年(2024年)の7月に東京から五島列島福江島というところに移住を予定しています。

福江島は「ばらかもん」や「舞いあがれ!」など色々な作品の舞台になった島ですね。

なぜ移住しようと思ったかは追々書くとして、移住というのは私の人生の中でも大きな決断。
楽しいことはもちろんですが、きっとうまく行かないことやこうしたほうが良かったと思うこともあると思います。
それらのアウトプットの場が欲しいなと思ってブログをはじめました!

 

また、移住に伴いエンジニアとしても新たなキャリアを歩むことになりました。
SESの会社で組み込み → アプリ → Webフロントエンドと色々と渡り歩いて来ましたが、今回転職してAWS関連の仕事をする予定です。
AWSはズブの素人なので、勉強したことのアウトプットの場としても活用していきたいと思います!

 

とりあえず、現在有給消化期間なので暇というのが理由としては一番大きいですね😅
(何もしないとただただパルワールドとガンダムSEED FREEDOMに時間を費やすだけになりそうで…)

最後に

移住や技術に関することから、五島の魅力や趣味のことまで、色々発信していきたいと思います!
三日坊主な自分ですが、なるべく続けていきたいと思います!

このブログを通して、誰かのお役に立てたり、交流のきっかけになったりしたら良いなと思っています!

2月から始めたほうがキリは良いので明日から投稿するか大分迷ったのですが…
「書きたいときが始めどき」ということで。

よろしくお願いします!

【雑談】タメ口を使う園田海未をまたもや発見!

前回↓
toyamadori.hatenablog.com


またもや発見しました!!🔍

1期 #11 「最高のライブ」3:40 あたり

普段なら
「ほら、病み上がりなんですから無理しないでください
と言いそうなところですが、
「ほら、病み上がりなんだから無理しないで」
と言っていますね!

もしかして、穂乃果一人の前ではしばしばタメ口で喋っていたりするんでしょうか…?
尊いです。

以上です。ご査収ください。

五島旅行 〜母を連れて〜 2日目・3日目

(体力が底をつきていたのとイベントで魂が抜けていたのとで遅くなりましたが、五島旅行の2日目の記録を遅ればせながら記録しておこうと思います😗)
1日目 ↓
toyamadori.hatenablog.com


2024/02/21, 22

まずは朝食から!

2日目の朝食
朝からヒラマサの麹漬けが出てきました!
ヒラマサ美味しいです😋
前回の五島旅行で初めて食べて大好きな魚になりました!!

ちょっと調べたところ岸釣りでも釣れるらしいですね👀
釣りを始めたら釣ってみたい魚の一つです!!

今日の天気

お盆に今日の天気が!
こういった細かい心配りが嬉しいですね😂


さて、2日目は島内をレンタカーで回る予定でした。

…が

大雨⚡

というかもはや嵐です😅

レンタカーの予約時間までホテルでラヴィット!を見ていたのですが、9時頃にまさかの…

停電😱

終わった…
と思いましたが、3分後くらいに復旧しました。
ホテルの非常用設備などが効いたのかと思いきや、周りのガソスタの電気などもついていたので、恐らく瞬間的な停電だったようです。

地元の人に伺ったところ、停電は珍しいのですが偶にあるとのこと。

回数は少ないとは言え、やはり東京よりはダイレクトに影響を受けやすい環境なのだなと再認識しました。
雷サージ対応のタップと非常用電源を揃えようと思いました😅


その後少し雨が小降りになったタイミングで無事レンタカーを借りることができました!
まずは福江島を象徴する山、鬼岳へ。
「おにだけ」とふりがなが振ってありますが、どこかで「おんだけ」と読んでいるところもあった気がします。

鬼岳

見事に霧がかっていますね😅
本来の姿はWindowsXPのデフォルト壁紙のような、非常に美しい姿です(伝わるかな…?)

予約制の展望施設があり、「ここで星を見てみたいね~」なんて話をしつつ鬼岳を後にしました。


次に訪れたのは鐙瀬です。
「あぶんぜ」と読みます。

鐙瀬

うーん、曇天。
晴れてれば散策とかもできるんですけどねぇ

ここには「鐙瀬ビジターセンター」という、五島の動植物などについて学べる展示施設があります。
そこで地元の高校生らしき集団と遭遇しました。
高校生の男の子が、帽子をとり大きな声で
👨‍🎓「こんにちはっ!!」
と挨拶をしてくれました!
他にも、すれ違う高校生がみんな会釈や挨拶をしてくれるのです!!
もしかしたら見学する前に先生から「観光客の人がいたら挨拶するように」など言われたのかも知れませんが、昨今東京では見ない光景に改めて島が好きになりました!
やはり心に余裕のある暮らしがそうさせるんでしょうか。


一旦腹ごしらえ。
次の目的地の手前にある「NEW パンドラ」に行きました。

NEW パンドラ

r.gnavi.co.jp

ここに目をつけた理由としてはうつぼ料理
うつぼの天ぷらが食べられます!(写真真ん中)
初めてうつぼを食べましたが、フワッフワでめちゃくちゃ美味しかったです!

母が食べたのは皿うどん
私は正直皿うどんはそんなに好きではないのですが…ここの皿うどんはめちゃくちゃ美味しい!
何が違うのかはわからないのですが、めちゃくちゃ美味しいです!!
母も「今まで食べた中で一番美味しい」と言って、普段少食なのにも関わらずすべて平らげていました!

玉之浦地区はあまり食事処は無いのですが、ここに行っておけば間違いないと思います!


その後は「大瀬崎灯台」(おおせざきとうだい)を展望所から見ました。
ここは「舞いあがれ!」でも登場したらしいです。

大瀬崎灯台

直前まで雨が降っていたのですがちょうど雲の切れ間でなんとか見ることができました!!

晴れていれば40分くらいかけて灯台まで歩いていけるそうです。
いつか行ってみたいなぁ!!

見ているときになんだか雷のような音がしたのですが、その後に「バシャーン」という水しぶきのような音が…
どうやらどこかでがけ崩れ?があったっぽい音がしてました…
怖っ…
これから運転するのが怖くなりました😱


近くの「井持浦教会」(いもちうらきょうかい)にも少し寄りました。

井持浦教会

堂内は見られないのですが、ルルドというマリア様が現れたと言われる洞窟が再現されており、とても雰囲気の良い場所です。


次に訪れたのは「高浜海水浴場」(たかはまかいすいよくじょう)。
私が福江島で一番気に入った場所です。

高浜海水浴場

雨は止んでいたのですが、曇っていたのと、土砂が流れ込んでいてせっかくの海が茶色く濁ってしまっていました…
ここは海あり山ありの五島の自然が全て感じられるところで、特にこの松の木越しに見る海に心奪われてしまいました。
晴れているときに是非見てもらいたかったな~


次は遣唐使ふるさと館に寄り、お土産を買いました。

遣唐使ふるさと館

ここは遣唐使に関するちょっとした展示やレンタルサイクルもある施設です。
ただ、私のオススメポイントとしては「おみやげ」です。

五島には名産の「かんころもち」という、さつまいもともち米で作ったお餅があります。


通常、かんころもちは結構大きめで、自分で切らないと食べられない上、お土産で渡すにはちょっと大きいです。
ですが、ここでは1人用の小さいサイズのかんころ餅が売っています!
私が見た限りでは、他のところでは見つけられませんでした。
もしお土産の小さいサイズのかんころもちをお土産で渡したいのであれば、ここでお土産を買うのがオススメです!!


最後は「魚津ヶ崎公園」。
「ぎょうがさきこうえん」と読みます。
地名難しいですよね😅

魚津ヶ崎公園

ちょっとあまり写真が良くないのですが…

春は菜の花、夏はひまわりが咲く、大変美しい公園です!
いつかひまわりが咲く頃にもまた行ってみたいです!

キャンプ場やコテージが併設されており、そういったアクティビティも楽しめそうです!!


こんな感じで島内を9:30~17:00くらいかけて回りました。
時計回りで有名所は押さえられるコースだと思うので良ければ参考にしていただければと思います!

晴天の景色は全然違うと思いますので!!(笑)


おつくりからの骨せんべい

夜ごはんもまた豪華でした!!
おつくりに鯵のたたきがあったのですが、食べ終わった後に「骨せんべい」を作ってくれました!
これがめちゃくちゃうまい!!
島民ならでは?の食べ方を体験できて感動です!!


そんなこんなであっという間に最終日。
港や市街地で少しお土産を買い足して空港へ向かいました。

空港

空港の中にはカフェもあり、「五島豚カレー」を食べて飛行機に乗りました。 曇っていたもののなんとか飛行機は飛び、15分遅れで福岡へ着きました。
そして東京へ。


こうして2泊3日の福江島旅行が終了。
ずっと雨だったものの、母に見せたいところは一応回ることができました。
母親は「また晴れてるときに絶対来たい」と言ってくれました!
一度来たことがあるのとないのでは、ハードルは大分違うと思います。
移住した後に是非来てもらいたいです!

自分が移住まで至った島なので、身近な人たちにも好きになってもらいたい!
そのためにも、もっと五島や福江島のことを知って、次は五島人として自分の大切な人を招待したいなと改めて思いました。

【日記】TVアニメ放送10周年記念 LoveLive! Special Talk Session Day2に参加してきました

2024/02/24

ラブライブ!「TVアニメ放送10周年記念 LoveLive! Special Talk Session」のDay2の昼・夜公演に参加できたので、感想を書いておこうと思います!

正直に言うと、参加する前はそこまで期待していませんでした…

タイトルが「トークセッション」なので、ラブライブ!に関するトークは様々なイベントで聞いているなというのが正直なところでして…
9周年やスクフェス感謝祭などイベントの度に今までの歩みを振り返るコーナーがあったので、「またああいう感じなのかな?」と😅

ただ、そうはいっても貴重なμ's単独イベント。
久々にメンバーに会えるのは嬉しいというのと、もし次イベントがあっても恐らく移住しているタイミングなので参加できるかわからないということから、参加することにしました。


昼公演

開演前アナウンスで「ライブパートでは立ち上がって鑑賞いただけますが…」の1文が…

ライブパート…?

え゛
歌うの!?

完全に事前情報をシャットアウトしていたので衝撃で吐きそうでした。

そして開幕すぐ「僕らは今のなかで」を歌う5人の姿が!!
涙で前半は前が見えませんでした…

恒例のコール&レスポンスも!!
μ's以外は現場に参加することがほぼ無かったので存在自体を忘れていたのですが、「改めて自己紹介を!」と言われた瞬間にすべてを思い出し鳥肌です…!!

😸「りんちゃんと言えば~?」
イ゛エ゛ロ゛ー゛た゛よ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛
しかちゃんの教えを守り思いっきり喉を潰しながら叫びました!

懐かしい!!!
うぅ…また涙が…

トークパートはいわゆる振り返りだけではなく、アンケートやクイズなど。
えみつんファイトクラブやことほのうみのようなニコ生時代の番組が返ってきたような内容!
いい意味で裏切られました!!

ゆるいトークを繰り広げるえみつん、鋭角なボケ・ツッコミをするみもりん、いくつになっても一生懸命なりっぴー、ファンサがアツいうっちー、マイペースなPile様…
あ~~~これこれ!帰ってきた!!
一瞬で10年前にタイムスリップしました。

個人的に印象深かったトークはみもりんの暴露。
えみつんが楽屋弁当のハンバーグを食べるときに箸が折れたそうでw
えみつんは変わらないなぁ…😊
μ'sはこの飾らない姿が良いんですよねぇ!!

そして歌唱パート!
2年生が揃っていることもありススメ→トゥモロウが久しぶりに聞けて感激…また涙ですよ。
No brand girlsも久々にコールをしながらぶち上がりました!
アンコールでミミミまで!
ファンミ色々回ったなぁ~と思い出に浸り、また涙が…

最後はお見送り!
お祭りのやぐらみたいなところからのお見送りで若干遠かったのですが、それでも近くで見るμ'sは神々しかった…
認知なんかされなくて良い。目に焼き付けられればそれでいい…
見送ってもらって昼公演は終了しました。


終わってから夜公演まで時間があったので物販へ!
アクスタとポスター、キーホルダーなどを買いました。
今回の園田さん…美しすぎます。
永遠に私の推しです。

アクリルスタンド


夜公演

はえみつん推しの友達と合流して参戦。
なんとアリーナ席でした!!
くじ運使い果たしたかも…

フラワースタンド

始まる前に話していたら、前の席の人が突然話しかけてきました。
ですが…なんと中学生!?
聞くところによると、YouTubeでμ'sを見てハマったんだそうな。
Aqoursでもなく虹ヶ咲でもなくμ'sに!!
周りにμ'sが好きな人がいなくて、我々が話しているのを聞いてつい話しかけたくなってしまったんだと…
にこまき推しのとても礼儀正しい子でした!
ファイナルライブに行ったときの話など、目を輝かせながら色々聞いてきてくれました!
時を越えてμ'sを好きになってくれるということに涙を禁じ得なかった…
おじさん嬉しいよ…
是非他の人の意見に惑わされずに、自分の好きなものを好きと言い続けてほしい!!!

トークパートは昼公演と若干異なり、演技のお時間リターンズが!!!
「もしもYouTubeをやったら何をするか?」というお題では園田はお散歩、りんちゃんはラーメン紹介!
両方とも想像できたし、是非見たい!!!
そういうのでもいいからμ'sのコンテンツを作って欲しいです!!!是が非でも!

ライブパートもセトリが異なり、私が大好きなこれからのSomedayが!!! 趣味のバンドで演奏したこともあり、その頃の思い出なども蘇ってきてまた涙が…

銀テもしっかりゲット!!

(余談ですが、100均に銀テ専用のケースが売っていました!すごい時代ですね😲)



最後は2度目のお見送り!
えみつん推しの友達は「神社の豆まきか」と形容していましたが、外に出たあとは膝から崩れ落ち「目があったと」主張w
こんな気持ち悪い姿も久しぶりで、本当にあの頃に戻った感覚です!!ww
その後飲み明かして翌朝解散しましたw
お互いに好きなものに対して気持ち悪くなれてバカできる友達がいて幸せです☺


メンバーの挨拶でも確かえみつんが言っていましたが、久しぶりなはずなのに始まってみると本当に10年も経ったのかというくらい、すぐにあの頃の感覚が蘇りました。
ラブライブ!はそのとき自分が置かれていた環境含め、私の第二の青春です!
それを再認識できた最高のイベントでした!!!
夜公演で出会った少年のように、いつか自分の子供ができたら、親子ラブライバーになって参戦できたらいいな!

何度だって青春!!
またμ’sに会える日を楽しみにしています!
μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪

(オケコン外れたけど見切れ席開放お願いします!!!!!!!!!)

五島旅行 〜母を連れて〜 1日目

2024/02/20

移住予定先の五島(福江島)に旅行に来ております!

自分は3回目ですが、初めて母を連れて行くことに。
移住に反対されていたわけではないものの、少しでも自分たちが暮らす島について知っておいてもらいたいと思って誘うことにしました。


東京は晴れているものの…


五島はあいにくの空模様…
こればかりは仕方ない😭
なんだかんだ雨の五島は初めてなので楽しむことにします!

雨は土砂降りではないのですが霧のような状態。
機内アナウンスでは「引き返すかも」という旨のアナウンスがあり、タクシーの運転手さんが「よく着陸できたね〜」と言っていたので、本当にギリギリだったみたいです😅



まずは腹ごしらえ!

宝来軒さんでみそちゃんぽんをいただきました!

r.gnavi.co.jp

豚骨の臭いが充満する店内はそれだけで本格的な店なんだと感じさせます🍜
魚介の味がとても効いていて美味しかったです!

五島観光歴史資料館
その後は五島観光歴史資料館へ。
お城のような外観で、歴史や土地についての展示があります。



その後は山本二三美術館へ行きました。
五島出身の山本二三さんはラピュタもののけ姫時をかける少女などの美術監督をされた方で、特徴的な雲の描写は「二三雲」と呼ばれています。
リアルだけど温かみがある風景画は山本二三ならではで、どの展示も美しく見惚れました。
また、追悼展をやっており、宮崎駿はじめ多くのアニメ関係者が山本二三に惚れ込んだり目標にしていたんだなと言うことが良く伝わってきました。
ジブリ好き、新海誠好きならぜひオススメしたいスポットです!

宿はカンパーナホテルに宿泊。
天皇陛下(平成天皇かな?)も宿泊されたホテルだとか。
かといって高級ホテルというわけではなく、親しみやすい感じです。

風呂に入って夕食まで少し時間があったので部屋で1杯🍺
つまみは「五島ロマン 白はぎ」。

ja.m.wikipedia.org

こんな魚みたいで「ウスバハギ」とも言うそうです。
味は…サキイカです(笑)
美味しいけど……サキイカでした(笑)





そしてそのまま夜ご飯! 五島牛も刺し身もすべてが美味しくて私も母も大満足です!
きびなごがやはり美味しいですね〜
移住したら釣れるようになりたいです!!

明日はレンタカーで島内を回る予定です。
少しでも晴れ間があるといいなぁ〜〜〜

では!

AWSクラウドプラクティショナー 第7章 VPC

クラウドラクティショナー勉強録シリーズ。

toyamadori.hatenablog.com



一般技術キーワード

サブネット

ネットワークを論理的に分割して異なるネットワークセグメントを作る手段。
特定のIPアドレスの範囲に割り当てられ、その範囲内のデバイスやリソースは同じ物理ネットワークに存在するとみなされる。

Aレコード

DNSで利用されるレコードの一種でAddress Recordの略。
その名の通り(IP)アドレスとドメインを紐付けるレコード。

example.com.    IN    A    192.168.1.1

CNAMEドメインに別名をつけるものなので対応付けて覚えよう

Zone Apex

DNSの用語で、特定のドメインにおいて最も上位の部分、つまりルートドメインから最も直接のサブドメインを指す。
www.example.comの場合はexample.comがZone Apexになる。
DNSゾーンの中で頂点(apex)にあたるドメイン名であるためこのように呼ばれる。


VPC

Amazon Virtual Private Cloudの略。
AWSクラウド内にプライベートなネットワーク環境を構築できる。

VPC内で起動する主なサービス

  • EC2
  • RDS
  • Lambda
  • ELB
  • ECS

機能要素

ポイント

  • 複数のAZにまたがって使用できる

RDS

Relational Database Serviceの略。
MySQLPostgreSQLなどをサポートしている。

インターネットゲートウェイ

IGWとも略される。
VPCなどのクラウド環境において、VPC内のリソースがインターネットと通信できるようにするためのコンポーネント
パブリックなIPv4アドレスを持ちVPC内のリソースとインターネットとの通信を仲介する。
IGW自体が、水平スケーリングにより高い可用性と冗長性を持っており、SPOFにはならない

ルートテーブル

ネットワークトラフィックのルーティングを定義するためのテーブル。
サブネット内の他のリソース、インターネット、仮想プライベートゲートウェイなどへのトラフィックをどのように処理するかの情報が含まれる。 IGWに対してルートを持つルートテーブルはパブリックサブネットとして関連付けて扱い、逆にIGWへのルートを持たないようにしたルートテーブルはプライベートサブネットとして関連付けて扱う。

ネットワークACL

WebACLとは別物なので注意!
NACLとも。
サブネットに対して設定するファイアウォール機能で、IPアドレスやポート番号でトラフィック制御を行う。

ネットワークACLとWebACLの比較

ネットワークACL WebACL
ネットワーク層 アプリケーション層
動作単位 サブネット単位 アプリケーション単位
目的 パケットがサブネット内のリソースに到達する前にトラフィックの許可または拒否 Webトラフィックに対するアプリケーション層の攻撃や不正アクセスを防ぐ
制御基準
  • レスポンス内容
  • リクエストヘッダ
  • クエリパラメータ
AWS内での位置 Amazon VPC AWS WAF

NATゲートウェイ

Network Address Translation Gatewayの略。
VPC内のプライベートサブネットから外部のインターネットへの通信を可能にするサービス。

インターネットゲートウェイとNATゲートウェイの比較

インターネットゲートウェイ NATゲートウェイ
目的 インターネット向けに公開したいWebサーバーやアプリケーションなど、外部からのアクセスが必要なリソースに対して利用 プライベートサブネット内のリソースが、ソフトウェアのアップデートなどの目的で直接外部と通信するために使用
通信の方向
  • インターネットからのアクセス
  • インターネットへのアクセス
  • インターネットへのアクセスのみ
IPアドレスの変換 プライベートとパブリックが1対1 プライベートとパブリックが多対1
AWS内での位置 VPCにアタッチ サブネット内

※なかなか違いを理解できなかったので、以下のブログや図を参考にさせていただきました。
ありがとうございます。
www.hanatare-papa.jp

CIDR

Classless Inter-Domain Routingの略。
サイダーと呼ぶ。

CIDRが出てくる前はアドレスがクラスごとに分類されていた。
クラスフルという)

クラス 範囲 用途
クラス A 1.0.0.0 ~ 126.255.255.255 大規模ネットワーク
クラス B 128.0.0.0 ~ 191.255.255.255 中規模ネットワーク
クラス C 192.0.0.0 ~ 223.255.255.255 小規模ネットワーク
クラス D 224.0.0.0 ~ 239.255.255.255 グループ通信(マルチキャスト
クラス E 240.0.0.0 ~ 255.255.255.255 実験や将来用に予約

インターネット初期のクラスフルなIPアドレスの割当・運用をしていた時代は、ネットワークのサイズを予め予測して発行しないといけなかった。
CIDRの登場によって、現在は柔軟に割当ブロックのサイズを変更できる(クラスレス)ようになったため、現在はクラスフルアドレッシングは使用されていない

CIDR表記

IPアドレス10.0.0.0/16などの16の部分はサブネットマスクのビット数を表している。

VPCにおいては、最初の4つのアドレスと最後の一つのIPアドレスAWSによって予約されているのでサブネットとして使用することはできない。
例) 10.0.1.0/24の場合
・10.0.1.0: ネットワークアドレス
・10.0.1.1: VPCルータ
・10.0.1.2: 予約
・10.0.1.3: 予約
・10.0.1.255: ネットワークブロードキャストアドレス

ハイブリッド環境構成

以下のような形でオンプレ環境とVPC環境を接続する形をハイブリッド環境構成という。

  • データセンターからVPN経由でVPCに接続する形式
  • AWS Direct Connectという専用線を利用する形式
  • VPCピアリング接続というVPC同士を接続する形式

CloudFront

エッジロケーションを使い低レイテンシーでコンテンツを配信できるCDNサービス。
ClourFrontを使用してキャッシュを持つことで、1人目のアクセスはオリジナルコンテンツからの配信をCloudFront経由で受けることになるが、2人目・3人目はCloudFrontのキャッシュから配信を受ける事ができる


Route 53

エッジロケーションで使用されるDNSサービス。

通常のシンプルルーティングの他に、用途に応じたルーティングを選択することもできる。

  • Geo DNS
    • 地理的な場所を近くして低遅延になるようにルーティングを行う
  • 加重ラウンドロビン
    • 1つのドメインに対して複数のDNSレコードを用意しておき、あらかじめ割合を決めておく
  • 複数値回答

ヘルスチェックとフェイルオーバー

プライマリに障害が発生したときにセカンダリのURLに飛ばす事ができる。
このようにシステムの一部が故障や障害により利用できなくなった場合に、別の代替システムやリソースに切り替えるプロセスをフェイルオーバーという。
AWS Global Acceleratorというサービスを使えばより高速なフェイルオーバーが実現できる。


練習問題で引っかかった部分

  • CIDRはVPCごとに設定するので、同一アカウント内、同一リージョン内でもVPCが別であれば範囲は重複できる
  • パブリックサブネットタイプという概念はなく、サブネットにIGWに対するルートテーブルを設定する
  • NACLはデフォルトですべてのインバウンド・アウトバウントトラフィックが許可されている
  • ShieldはCloudFront, Rout53の保護をしているのでエッジロケーションで使われるサービスと言える

【初耳雑学】胡乱

個人的に知らなかった日本語です。

胡乱

うろん

正体の怪しく疑わしいこと。また、そのさま。「—な者がうろついている」

※出典元:Weblio 小学館



うろ覚えの語源になった説もあるらしい。(空洞を表す 虚・洞 が由来という説が濃厚だが…)

また、「武功夜話」には「うろんおぼえ」という用法が出てきている。「うろん」とは「胡乱」を指しており、「あいまいな」あるいは「あやしげな」の意味である。このため、「うろんおぼえ」が音便化(省略)され「うろ覚え」となったという説もある。

※ 出典元:Wikipedia



ガンダムSEED FREEDOMの小説を読んでいたら出てきたのでメモ。

ラーメン二郎野猿街道店2

2024/02/14

今年の夏には東京を離れるので、今のうちに行けるところに行っておこうと思っていました。
そこで候補にでてきたのが、大学時代に通っていた「ラーメン二郎野猿街道店2」。

r.gnavi.co.jp

有名な話ですが、二郎は店によって味が違います。
思い出補正も込みで野猿街道店2は二郎の中では一番うまい店だと思っているのですが、なかなか行きづらいところにあるので大学卒業してから10年近く行けていませんでした。
平日に行けるアドバンテージを活かして10年ぶりに行ってきました!!

京王線

京王線で新宿から40~50分くらい。
ピューロランドのある京王多摩センターから1駅の京王堀之内駅から徒歩10分くらいのところにあります。

行列!

平日だというのに20人くらいの列が!!
ただ、店内は広く回転率も高いので並んだ時間的にはおそらく20分弱です。
並ぶ前に食券を先に買うタイプです

小ラーメン ニンニク

大学時代は野菜マシだったのですが、もうはしゃげる歳ではないので控えめに😅
「ニンニクは?」「お好みは?」など店によってトッピングの聞き方は異なりますが、ここでは出来上がり時に「小(ラーメン)の方」と聞かれます


久々に食べた感想ですが…

やはり個人的には二郎の中で一番美味いと思いました!

まず麺のもちもちワシワシ具合が段違いです。
比喩ではなく顎が疲れます🙄
そのくらいのもちもち麺なので、見た目より更に量が多く感じます。
他のところで食べるより完食までの道のりが長かった…

そして豚!
意識しているのかしていないのかは不明ですが、とろとろの部分と肉々しい部分の2種類が入っていてどちらも美味い。

スープもデフォルトで味濃いめで、二郎らしいパンチはありますが、乳化が効いていてまろやかです😋
野菜も程よくシャキシャキ感が残っていて美味しいです。

まさに二郎の完成形ですね!




余韻に浸りつつ、パンパンの腹を休めながら思い出の大学周辺を散策して帰ってきました。
もうしばらく行くことはできないかも知れないですが、また数年焦らしたときの野猿二郎はさぞかし美味いんだろうなぁと未来に思いを馳せて。

ごちそうさまでした!